だれもが喜ぶ景品

Pocket

景品にもさまざまなものがあり、ギフト券にもいろいろなものがあります。その中で、商品券を使うというのは一般的でした。さまざまな景品を使っていくとしても、実際に価値がわかりにくいこともあるでしょう。そこで、大きく差別化を進めて価値を明確にすることで、中心に据えやすくすることができます。幹事としても、ここぞとばかりに価値をアピールすれば、二次会は盛り上がっていくことは間違いありません。

ギフト券の場合、だれでも喜んでもらえるというメリットがあります
家電製品をたとえにすれば、持っているものが当たればうれしくありません。だれかに譲ってしまうことも出てくるでしょう。
高級海鮮ですが、ギフト券は商品券を含め、なにかと交換することができます。
それも消耗品となる食品と交換となれば、もらって損をしたという感覚になることもありません。
だれもが欲しがるような、和牛といったものから、高級海鮮といったものまでさまざまなものがあります。
地域性も出てきますが、欲しがりそうな食品を選んでおけば、確実に効果をあげられるはずです。
基本として困るものでなければ、だれでも喜んでもらえますので、そこをアピールしながら有効活用するべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です